Q 1

PDFは経済的、コスト削減になるとはどういうことですか?

Answer

PDFは長期に渡って読み出せるので、コストを削減できます。
共有文書をWordやExcel、PowerPointで作成した場合。例えばWord2000とWord95の間では、完全な互換が保たれません。つまりいま作成した文書が将来的にも相互に読み出せる保障がありません。
PDFにしておけば、Word、Excelでも新旧バージョンにかかわらず、互換性が保たれ、共同作業時の不具合などから開放され、社内での文章の共有化とコミュニケーションのとりやすさにも貢献します。
 従って、オフスの生産性やTCO(Total Cost of Ownership)の削減にも貢献します。

Q 2

PDFはなぜ使われているの?


Answer

はい、PDFは、その仕様が公開されている、オープンフォーマットです。誰でもPDFを作ることができ、誰でもPDFを見ることができます。ワープロ、グラフィック、表計算など、ほとんどのアプリケーションで作成された文書をPDFに変換することができます。PDFは、無償配布されている「Acrobat Reader(Adobe Reader)」がインストールされていれば誰でも見ることができます。
「Acrobat Reader」は1994年に無償配布が開始されてから、8億本ものダウンロード実績があり、世界中の人々が利用する共通ファイルフォーマットです。
(当初のリリースは有料でした。Version2.0から無償です)

Q 3

なぜPDFのファイルがデジタルサイネージで簡単に更新できるのですか?

Answer

まずデジタルサイネージソフトウェアのIP_STUDIOは初心者からプロフェッショナルまでご利用できるよう、様々な機能があります。アイティ・ニュースでできるだけ更新作業を軽減するツールをそろえております。そのなかの一つのファイル形式がPDFです。1枚だけのPDFファイルならそう面倒くさくはないのですが、複数ページの場合は、専用ソフトウェアで1枚だけ抽出するなどの作業が必要となります。

IP_STUDIOの場合は表示したいページを指定できます。また、表示したくないページも指定できますので、配信作業がぐーんと楽にできます。

参考(ユーチューブ動画

Q 4

スケジューリングはどうやって作成するの?

Answer

アイティ・ニュースのIP_STUDIOは単純なスケジュールから複雑なスケジュールまで設計が容易にできます。ただ、初めてのスケジューリングはわかりにくいというお客様には、納品時にサンプルのスケジューリングは設定させていただきますので、その日から運用ができます。

Q 5

コンテンツのカスタム制作は可能でしょうか?

Answer

できます。ご要望などお気軽にお問い合わせください。様々なアプリケーションとの連携も可能です。お問い合わせください。

Q 6

マニュアルはありますか?

Answer

ソフトウェアマニュアルがあります。ご要望などお気軽にお問い合わせください

Q 7

業務アプリケーションとの連携もできますか?

Answer

はい、対応できますので、個別にお気軽にお問い合わせください。

Q 8

ソフトウェア乗り換えキャンペーンはやってますか?

Answer

はい、いつでも対応できますので、お気軽にお問い合わせください。まずはソフトウェアをご覧になって実感して乗り換えください。

 

 

■ ソフトウェア/サービス

IP_STUDIO
スマホ連携
スマホファースト
タッチパネル
ソリューション
カスタム対応
オリンピック
メディアとなる日
デジタルサイネージ戦国
スマホ連携特許
デジタルサイネージ-WEB
番号表示-ハイブリッド
アイティ・ニュース

会社概要

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   

プロフェッショナルデジタルサイネージ

コンテンツ(情報)を配信する、新システムとして17年以上のノウハウと実績に基づき磨かれた新世代ソフトウェア「IP_STUDIO(アイピイスタジオ」。デジタルサイネージをもっとパワフルな情報配信システムにしていきます。

簡単クラウド対応デジタルサイネージ用汎用情報配信システム


パワーポイントでデジタルサイネージ

 進化したプレゼンテーションツールをコンテンツ作成に利用、動画も静止画も簡単にデジタルサイネージへ配信できます。

パワーポイントの静止画もスライドショーもパワーポイントの標準機能で出力できます。PDF、mp4というフォーマットです。

エクセルでデジタルサイネージ

 エクセルをコンテンツ作成に利用、簡単にデジタルサイネージへ配信できます。

ワードでデジタルサイネージ

 ワードをコンテンツ作成に利用、簡単にデジタルサイネージへ配信できます。

便利なワードをデジタルサイネージに利用、PDF出力で簡単に


 

ホワイトボード情報転送システム

 ホワイトボード(黒板)に書いた図や文字をワンタッチでデジタルサイネージ即時転送します。混乱しがちな現場の複雑な作業指示や確認がスムーズに行えます。現場の困ったにお応えします。

ホワイトボードとデジタルサイネージで情報交換


緊急メール+緊急地震速報システム

デジタルサイネージとスマホ・携帯にいちはやく緊急災害情報を配信します。一度大規模な震災が起こるとその被害は甚大なものになってしまいます。

携帯・スマホとデジタルサイネージに災害緊急情報配信


呼出受付番号表示システム

番号を表示して順序良くサービスを提供するための簡単便利な番号表示システム
従来は表示装置が高額だったりシステムが複雑なため実現しにくかったシステムですが、シンプルで低価格化を実現。

番号呼び出し表示システム


オープニングまで時間がない!!

そんなときに重宝する支援サービスです。STBとスケジュール、コンテンツなどの準備をスムーズにできるよう支援するサービスです。

さあ困った、準備が間に合わない!


こんな機能があればデジタルサイネージが楽になるのに

デジタルサイネージの枠に囚われない独自の情報配信システムをつくりたいという、ご要望にお応えします。

デジタルサイネージソフトウェアのカスタマイズ対応致します。



NHK動画ニュース配信サービス

NHKの最新ニュースを4本厳選して1分間にコンパクトにまとめています。政治・経済・社会などからその日の出来事が1日6回更新して配信

NHK動画ニュース配信サービス

 

PDFファイルががそのままデジタルサイネージで配信できます。

アイティ・ニュースのデジタルサイネージサービスは初心者からプロフェッショナルまでお使いいただけるよう汎用性の高い設計になっております。また充実したラインナップのコンテンツも用意してあります。いろんなところで、使われている汎用情報ファイル形式のひとつにアドビPDFがあります。デジタルサイネージ配信ソフトウェアのIP_Studio(アイピースタジオ)はpdfのページの表示するところ(ページ)、表示しないところ(ページ)を指定できます。それぞれの表示時間も指定できます。

   コンテンツ更新を楽にします。アイティ・ニュースの支援サービス、pdfもそのまま簡単配信できるIP_STUDIO。

PDFの複数ページをデジタルサイネージで配信するのは運用は大変!と嘆いていませんか。IP_STUDIOなら簡単操作で解決します。

複数ページのなかから表示するページを指定します。面倒な更新作業がなくなります。日々の更新作業は面倒くさい。....を一気に解決します。


○デジタルサイネージのポイントはなんといってもコンテンツの新鮮さ、古すぎる情報ではせっかくのデジタルサイネージも紙のポスターとかわりません。

○業務でご利用のPDFファイルががそのまま配信できれば、応用がいろいろできます。


    エクセル画面がデジタルサイネージで簡単に配信できます。

A4からA3まで、縦横表示ができますので、いろんなサイズのPDFを配信できます。

いろんな情報伝達のシーンでご利用できます。

   

 

簡単に設定できるというのいは、どうやって指定するの?

配信ソフトウェア(IP_STUDIO)の画面デザイン機能のひとつでデザイナーを起動して、画面のレイアウトのところで配信するPDFファイルの設定をします。下記の例では、ページを3秒表示します。1page(表紙)は非表示という設定例です。

             複数枚のPDFのページ指定ができます。

表示したいページを指定できます。ページを分けて作成するといった煩雑な作業がいりません。

      文章を作成する側も、編集、配信する人も手間がかかる作業から開放されます。ミスもなくなります。

簡単に更新できる仕組みどうなっているの?

配信ソフトウェア(IP_STUDIO)で、簡単にデジタルサイネージの配信運用ができる方法をお客様にご提案致ておりします。自動配信の仕組みを用意しています。業務アプリケーションとのコラボレーションなどの提案も行っています。

   ご利用のソフトウェアでPDF出力をするだけで、デジタルサイネージの配信ができます。

○日頃お使いのソフトウェアを利用して配信が簡単にできる仕組みの一つにPDF活用があります。

○アイティ・ニュースでは、運用や操作に困ったにお応えします。ご要望によっては納品時にはご指定のスケジュールを予め組んで提供します。
(従って、お客様は運用・オペレーションだけですぐスタートできます)

 

運用全体の委託も承っております。

お客様は本来の本業の仕事に専念できます。デジタルサイネージ周りで煩雑な作業を回避できます。

 

     日本初のデジタルサイネージでオンラインストレージ連携!ビジネスモデルを変革します!

   

 

企業のドキュメントを効率良く、長期に渡って、生産性をあげる??
では、いままでのドキュメントはどうだったかを振り返ってみましょう。

ビジネスソフトウェアの代名詞とも言えるマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントは発売された年と同じ名前のOffice 95(1995年11月23日に発売。)はすでにWord 6.0, Excel 5.0, PowerPoint 4.0というバージョンに進んでいた。
実に23年前である。その間、企業の共通のツールとして長い期間主流であった。(今も主流ではあるが)…エクセルに限っていえば、1989年である。日本の企業のドキュメントは罫線が必須であるため、USAの開発担当者は驚いたとのことではあったが。ビジネスではデファクトスタンダードとなり。多くの企業で使われ続けている。そしてワードはその2年後の1991年発売。パワーポイントまずMac版が1987年Window版は1990年リリースである。ワードもパワーポイントも圧倒的な支持?を得て、オフィスのドキュメントの多くはこの3つで作られたといって言い過ぎではないくらいである。企業の知財はこの3つの神の器で蓄積されている。

一方、PDFという便利なファルフォーマットがでてきたおかげで、ワード間、エクセル間、PPT間での互換性の問題がなくなった。(当初は無償ではなかったが、Version2.0からは無償となり、急激に広まった。)


時代はインターネットそしてクラウドになり、会社で作成したワードの途中まで文章を家で完成させたいなどの要望には応えれなかった。その空きを埋めたのがgoogleSuite (旧Google Apps for Work)だった。また、単純なファイルストレージはドロップボックス社があっという間に世界の5億人ユーザーへと広まった。マルチデバスの恩恵とその圧倒的なスピードはまさに驚愕だった。

ある調査会社によるとエクセルはまだ、マイクロソフトが強いものの、ワード、パワーポイントではGoogleSuite(スイート)が利用率で抜いている。(利用年代にもよる)。
Office365になってから、PC、Mac、タブレット、スマホでのマルチデバイス利用ができるようになったが、約2年間の遅れは大きい。とはいえ、業務利用ではまだ利用率が高い。ドロップボックスにしてもGoogleSuiteにしても無料というパッケージ(サービス)なので利用者が増えて行くというのは想像に難くない。GoogleSuiteはワードもパワーポイントもエクセルも買わなくてよく。PCでもタブレットでもスマホでも閲覧も書き換えもできてしまう。最近の働き方改革で言われる情報共有も簡単にできてしまう。(複数人での利用はルールがいるし、セキュリティ面への配慮も必要ではあるが)


     企業内(オフィス内)で広く使われている標準ファイルフォーマットを活用、デジタルサイネージがもっと便利に

 

      

 

○オンラインストレージを活用することで、デジタルサイネージの配信が格段に効率良くなります。日々の情報伝達がスマートに効率良くなります。ビジネスフローを革新します。