汎用フォーマットPDFを有効活用。ビジネスフローがスマートに、業務革新!


マイクロソフトのツールは40年もの間、企業の知財蓄積に役立ってきました。使い慣れたこのツールがますます重要性を増します。

オフィスの共通ツール【ワード、エクセル、パワーポイント】+【PDF】を活用

 

企業内のドキュメント資源を有効利用、使い慣れたツールを最大限に活用

 

企業のドキュメントを効率良く、長期に渡って、生産性をあげる??
では、いままでのドキュメントはどうだったかを振り返ってみましょう。

 

 

ビジネスソフトウェアの代名詞とも言えるマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントは発売された年と同じ名前のOffice 95(1995年11月23日に発売。)はすでにWord 6.0, Excel 5.0, PowerPoint 4.0というバージョンに進んでいた。 
実に23年前である。その間、企業の共通のツールとして長い期間主流であった。(今も主流ではあるが)…エクセルに限っていえば、1989年である。日本の企業のドキュメントは罫線が必須であるため、USAの開発担当者は驚いたとのことではあったが。ビジネスではデファクトスタンダードとなり。多くの企業で使われ続けている。そしてワードはその2年後の1991年発売。パワーポイントまずMac版が1987年Window版は1990年リリースである。ワードもパワーポイントも圧倒的な支持?を得て、オフィスのドキュメントの多くはこの3つで作られたといって言い過ぎではないくらいである。企業の知財はこの3つの神の器で蓄積されている。 

一方、PDFという便利なファルフォーマットがでてきたおかげで、ワード間、エクセル間、PPT間での互換性の問題がなくなった。(当初は無償ではなかったが、Version2.0からは無償となり、急激に広まった。) 

 

 

ワード、エクセル、パワーポイントが情報共有の基本です。