Q1

現場の測定器のデータ(振動、騒音)を表示できますか。

Anser

 デジタルサイネージの活用方法の一つに現場のデータをリアルタイムに表示するという「見える化」があります。
 弊社のソフトウェアでできます。今までの方法は全て一旦、サーバー・クラウドにアップするのが一般的でしたが、弊社では現場データをリアルタイムで表示する技術がありますので、対応できます。
リオン製、振動計(VM-55)騒音計(NL42,NL52)などに対応。

デモ-動画

表示、接続する機器、仕組みなど詳しくはお問い合わせください。


Q2

現場の測定器のデータはLEDでも表示できますか。

Anser

液晶デジタルサイネージのほかLEDでも表示可能です。お気軽にご相談ください。

Q 3

働き方改革で話題のオンラインストレージサービス(クラウドストレージ)はどのようなものがありますか

Answer

各社からいろんなサービスが提供されています。IP_STUDIOは日本初のマルチクラウドサーバー連携対応を実現しています。情報共有というシンプなソリューションが最先端技術とコラボしてより使いやすいシステムとなります。
以下ご参考まで

Dropbox

OneDrive

Google DriveGoogle One)

 

緊急地震速報
配信ソフトウェア
受付番号呼出表示
■クロスメディアマーケティング
デジタルサイネージ
空間演出・マルチディスプレー
キラーコンテンツ
ワンスットップソリューション
システム開発者向けツール
双方向携帯リモコン

緊急災害情報メール+地震速報

遠隔監視+地震速報

ミラーリング

パ-トナー募集中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ソフトウェア/サービス

IP_STUDIO
スマホ連携
スマホファースト
タッチパネル
ソリューション
カスタム対応
オリンピック
メディアとなる日
デジタルサイネージ戦国
スマホ連携特許
デジタルサイネージ-WEB
番号表示-ハイブリッド
アイティ・ニュース

会社概要

パートナーシップメント

屋外デジタルサイネージを諦めていませんか。コストパフォーマンで優位なオールインワンタイプの60インチモデルが新登場...欲しかった機能を詰め込んだ新製品

機能・性能はもちろん価格も先進的60インチ全天候型デジタルサイネージ新発売

〇60インチ、2000カンデラ、IP55。ソフトウェアはご用途に応じて3種類の中から選べます。STB内蔵。カメラ内蔵、スピーカー10W4台内蔵など屋外で利用するデジタルサイネージに必要な機能がオールインワン、設置してすぐにご利用できます。オプションで計測器からの情報がリアルタイムで表示できます。(リオン製 振動計VM-55騒音計NL-42、NL-52

 クランプ対応で単管にすぐにでも取り付けられる屋外デジタルサイネージ

  屋外対応デジタルサイネージ販売開始、全天候対応IP55、2000カンデラ、仮囲い設置用クランプ付き

デジタルサイネージで計測データをリアルタイム表示

振動計 VM-55騒音計NL-42,NL-52などの測定器の情報を表示。現場情報の見える化を実現。ネットワーク経由でのコンテンツの配信と現場情報のリアルタイム表示を可能にした、先進のシステムです。


  現場の測定器からのデータをデジタルサイネージへ表示できます。振動計、騒音計など

〇振動、騒音を表示する画像、デザイン背景は簡単に差し替えできます。建築、建設現場、仮囲いなどにご利用できます。(簡単デモ動画

  デジタルサイネージで騒音、振動の表示

 

屋外用42インチでタッチパネル対応。AIアプリケーションにも最適なデジタルサイネージ

42インチで1500カンデラ、カメラ、スピーカー内蔵タッチパネル対応です。

屋外デジタルサイネージ、42インチ、タッチパネル、1500カンデラ(2000カンデラはオプション)、カメラ、プリンター対応

 

屋内用55インチのスタイリッシュなデジタルサイネージ

55インチで600カンデラ、STB内蔵ですぐにお使いいただけます。

  屋内用55インチスタンドモデル  

 

緊急地震速報をデジタルサイネージに配信します。

デジタルサイネージは地域や社会に役立つメディアとして利用が広がってきています。アイティ・ニュースでは地域にも貢献するコンテンツやシステムとして情報を提供させて戴いております。評価用ソフトウェアお貸し出しします。

 

デジタルサイネージに緊急地震速報を配信、地域に役立つ情報配信システム


 

デジタルサイネージソフトウェアカスタマイズ対応いたします。例えば、アプリケーション連携をオンライン(クラウド)で実現。ご利用のクラウドアプリケーションと連携して、シームレシなワークフローを構築できます。

市場の多様な要求に対応するためカスタマイズ致します。業務アプリケーション連携にも対応。オンラインストレージ(クラウドストレージアプリケーション)との連携ができます。

デジタルサイネージ配信ソフトウェアのカスタマイズ対応。オンラインストレージ、クラウドアプリケーション連携を実現

 

 便利すぎるデータ同期サービス『オンラインディスクドライブ』

『オンラインディスクドライブ(クラウドストレージ)』は、簡単にファイルの共有と同期が可能なオンラインストレージを提供するクラウドサービスです。

このサービスを利用することで、Windows、Mac OS、Linuxの間で簡単にファイルを共有することができ、共有しているファイルが更新されれば、直ちに他のOS上でも自動的に同期が行われます。

特徴的なのは、OSのファイル管理システムと統合されているため、ファイルの共有や同期が、オンラインストレージを意識することなくシームレスに行なえる点にあります。

クライアントに専用ソフトウェアをインストールすることで、クライアント上にオンラインディスクドライブ専用のフォルダが作成されます。ここにファイルをコピーすると、自動的にオンラインストレージにアップロードされ、他のコンピュータと共有されます。


Windowsであればエクスプローラから、Mac OSであればFinderから、他のファイルと同じように共有ファイルを利用できます。

このような便利な仕組みを活用したデジタルサイネージ配信システムが「IP_STUDIO Ⅳ(IP_STUDIO Cloud)」です。

また、それぞれのオンラインクラウドサービスはWebブラウザ上でファイルのアップロードや閲覧の操作が行なえるため、オンラインディスクドライブをインストールしていない環境でも利用することが可能です。

○各種製品、サービスのコラボレーションお問い合わせ下さい。組み合わせは、臨機応変に致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

クラウド連携 参考

参考クラウドサービス
参考オンライストレージサービス

企業の生産性?ビジネスの生産性?やはり行き着くところは情報の共有化。

 

 企業のドキュメントを効率良く、長期に渡って、生産性をあげる?PDFにヒントが?


ビジネスソフトウェアの代名詞とも言えるマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントは発売
された年と同じ名前のOffice 95(1995年11月23日に発売。)はすでにWord 6.0, Excel 5.0, PowerPoint 4.0というバージョンに進んでいた。
実に23年前である。その間、企業の共通のツールとして長い期間主流であった。(今も主流ではあるが)…エクセルに限っていえば、1989年である。日本の企業のドキュメントは罫線が必須であるため、USAの開発担当者は驚いたとのことではあったが。ビジネスではデファクトスタンダードとなり。多くの企業で使われ続けている。そしてワードはその2年後の1991年発売。パワーポイントまずMac版が1987年Window版は1990年リリースである。ワードもパワーポイントも圧倒的な支持?を得て、オフィスのドキュメントの多くはこの3つで作られたといって言い過ぎではないくらいである。企業の知財はこの3つの神の器で蓄積されている。

一方、PDFという便利なファルフォーマットがでてきたおかげで、ワード、エクセル、PPTでの互換性の問題がなくなった。(当初は無償ではなかったが、Version2.0からは無償となり、急激に広まった。)

時代はインターネットそしてクラウドになり、会社で作成したワードの途中まで文章を家で完成させたいなどの要望には応えれなかった。その空きを埋めたのがgoogleSuite (旧Google Apps for Work)だった。また、単純なファイルストレージはドロップボックス社があっという間に世界の5億人ユーザーへと広まった。マルチデバスの恩恵とその圧倒的なスピードはまさに驚愕だった。

ある調査会社によるとエクセルはまだ、マイクロソフトが強いものの、ワード、パワーポイントではGoogleSuite(スイート)が利用率で抜いている。(利用年代にもよる)。
Office365になってから、PC、Mac、タブレット、スマホでのマルチデバイス利用ができるようになったが、約2年間の遅れは多きい。とはいえ、業務利用ではまだ利用率が高い。ドロップボックスにしてもGoogleSuiteにしても無料というパッケージ(サービス)なので利用者が増えて行くというのは想像に難くない。GoogleSuiteはワードもパワーポイントもエクセルも買わなくてよく。PCでもタブレットでもスマホでも閲覧も書き換えもできてしまう。最近の働き方改革で言われる情報共有も簡単にできてしまう。(複数人での利用はルールがいるし、セキュリティ面への配慮も必要ではあるが)


天気予報もカスタマイズ対応致します。

いろんな環境、現場で役立つ、1時間毎の天気予報、風向、風速表示も可能です。皆様の多様な要求に対応するためカスタマイズ致します。

パブリックコンテンツをお客様に合わせてカスタマイズ対応致します。

IP_STUDIOIP_webスマホ連スマホファーストタッチパネルソリューションカスタム対応オリンピック

スマホ連携特許メディアとなる日デジタルサイネージ戦国デジタルサイネージ-WEB番号表示-ハイブリッド

                     
アイティ・ニュース