ビジュアルソリューションカンパニー アイティ・ニュース   カラーコードリーダーをダウンロード デジタルサイネージ元年の映像ソリューションを提案するアイティ・ニュース
 
デジタルサイネージの大規模配信サービスを容易にした 「IP_STUDIO 供
〜 スケジュールの簡単操作、 回線利用効率化、 監視画面の充実化を実現 〜
 
2008/07/23
  アイティ・ニュース株式会社
 

アイティ ・ニュース株式会社 (本社 :東京都港区、 代表取締役 唐川 敬) は本格化するデジタル サイネージの大規模配信ニーズに応えるため、新たに開発した映像配信ソフトウェア「IP_STUDIO 」 によるサービスを開始します。
メディアの多様化によってコマーシャルの主役であるテレビの視聴率が低迷しています。一方、デ ジタルサイネージ元年といわれた昨年のサイネージ用ディスプレイ数は前年に比べ約30%増加し、今 年においても大規模配信の実例が発表され、デジタルサイネージの需要が急激に拡大しています 。 アイティ・ニュースではこのような背景のもとに、全国規模で設置される端末・表示機器へ、効率的 に配信・管理・運用を行うための大規模配信用ソフトウェア「IP_STUDIO 」を開発しました。 大規模配信サービスを行っている配信事業者の方々にもソリューションをご提供致します。

1.簡単操作で端末毎の個別配信を実現
従来の大規模配信では、 地域性、 ロケーション等の特性を生かしたスケジュール配信を行うには作業が煩雑と なっていました。 新開発の 「IP_STUDIO 供 では、 グループや端末1台毎に異なったコンテンツを簡単に入れ替 えることができ、 スケジュール配信を効率的に行うことが可能になりました。
2. データ転送 (送信) の効率化
大規模配信向けのシステム構築では、 端末台数や情報量の増大に伴い、 サーバーの増強やネットワーク帯域 の拡充による投資が増大します。 「IP_STUDIO 供 では、 端末へのコンテンツ転送や稼働状況の報告を、 効率 的に運用することでコストを低減させることが可能になりました。
3. 遠隔監視機能の強化
大規模配信における端末の遠隔監視は、 広告配信では必須要件です。 「IP_STUDIO 供 では、 管理画面を 階層的にすることで、 1 画面で管理・確認できる端末台数を前バージョンの数十倍に増やし、 障害時の状況確認 を少ない操作で迅速に対応することが可能になりました。
この度、新開発した「IP_STUDIO 」の特長は以下の通りです。



【 お問い合わせ先 】

アイティ・ニュース株式会社

○製品に関して

Email:new@itnews.co.jp

ホームページ: http://www.itnews.co.jp/

 
 


Press Release